キャッシングを利用できる条件とは

「どうしよう、今月はどうしても赤字!」そんな時、キャッシングという手段があります。 キャッシング、と聞けば、聞いたことはあってもなんだか遠い存在に思えるかもしれませんね。

確かに、これまでキャッシングをした経験を持たない方にとって、キャッシングは耳慣れたものではないはずです。

「そもそも、私でもお金を貸してもらえるの!?」そんな初歩的な事から疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。ここでは、キャッシングを利用できる条件についてお話しいたします。

キャッシングを利用できる条件、それは大前提として、(⒈)20歳以上であること (⒉)今現在、安定した収入を得ていることが挙げられます。成人して働いている方であれば、キャッシングを利用することができるわけですね。

しかし、(⒉)の「安定した収入を得ていること」というポイントに引っかかってしまう方もいらっしゃるでしょう。近年、若者のライフスタイルは細分化され、その雇用形態も一概には言えませんね。

正社員で働く方もいれば、派遣社員、契約社員、またアルバイトやパートで活躍されるかたも少なくはありません。「キャッシングできるのって、やっぱり正社員だけ?」と心配してしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、安心してください。この「収入」は、社員・アルバイト問わず、どちらでもキャッシングを利用することが可能です。

もちろん、キャッシングの利用に際しては、あなた自身の返済能力の有無を確認する審査が存在します。

その審査については、利用するキャッシング会社によって基準が異なりますのでここで全てを紹介できませんが、なんらかの仕事をする成人の方であれば、ほとんどが利用可能なのではないでしょうか。

ただ、これまでにキャッシングを利用し、その返済がままならなかったなどの理由があったり、 なんらかの理由から名前がブラックリストに載っているようであれば、キャッシングを利用ができないこともあります。

ヤミ金か否かを判断するチェックポイント

キャッシングで利用する金融会社を選択する際、最も避けるべきものは「ヤミ金」です。ヤミ金とは各都道府県知事への貸金業登録を行わず、無許可で高金利な金貸しを行う貸金業者で、 手を出してしまうと生活の破綻を招きかねない危険性を帯びています。

キャッシング利用を検討される皆さんは、ぜひその貸金業者が本当に信頼できる業者であるのか、またヤミ金なのか否かを見極め、安全にキャッシングを活用するよう心がけてください。 ここでは、ヤミ金であるのかを判断するチェックポイントはどこにあるのかを紹介しておきます。

そもそもヤミ金とは、厳密な定義が存在していません。定かでないものを判断するという事ですので、なんだか難しそうなイメージを持たれるでしょうが、実はそう難しくもないチェックポイントが存在しています。

それは一見、誰もが理解しているはずの簡単な基準です。しかし、それでもヤミ金の利用が後を絶たないという事は、生活に困るほどの金欠状態ではその判断基準でさえ揺らいでしまうことがあるのかもしれません。

ヤミ金を選ばないため知っておくべき基準、それは、ズバリ「おいしすぎる話に乗らない」という事です。

ヤミ金の謳い文句にはある程度のパターンがあります。わかりやすい例を挙げるなら、「ブラック歓迎」や「審査不要」といったフレーズです。公衆電話や電柱などに、このようなフレーズの書かれたステッカーが貼ってあるのを見たことはありませんか?

これらはまず、ヤミ金であるといっても良いでしょう。誰しも、おいしい話を聞くと心が揺らぐものです。しかし実際には、そんなおいしい話が電話ボックスや電柱に転がっているはずはありません。甘い宣伝文句に惑わされて、迂闊に手を出さないようにしてください。

また、貸金業者の広告には、貸金業者の商号・登録番号、また携帯以外の電話番号、金利、返済方法・期間・回数、担保について、これら全てを記載しなくてはならない義務が存在しています。

広告にこのいずれかが記載されていない場合、それは違法の広告であり、ヤミ金であることが判断できるのです。ヤミ金か否かを見極めるヒントにしてみて下さい。

キャッシングの保証人について

キャッシングといえば、保証人が必要というイメージがあるかもしれません。そのため、キャッシングを利用したいと思っているけれど保証人になってくれる人がいないから諦めているという人もいるのではないでしょうか。

ですが、キャッシングをするのに必ず保証人が必要だったのは昔の話です。現在は個人がキャッシングを利用する場合、保証人は不要となっています。

やはり、保証人をつけたことによるトラブルというのは多数報告されていたようです。 こういった背景があり、現在は大手の消費者金融業者であればほぼ保証人は不要という形を取っています。

しかし、保証人をつけずにお金を借りることができるということは、万が一貸し倒れという形になってしまった時に業者側が大きな損をするということですよね。それなのになぜ保証人が不要なのかというと、金利を高めに設定してリスクを軽減しているからです。

ただ、保証人が不要なのはキャッシングをするのが個人である場合だということを理解しておきましょう。

経営者などを対象にしたキャッシングサービスの中には、法人が申し込みをする場合には連帯保証人が必要になるというケースもありますが、個人事業主の場合は保証人が不要となることが多いようです。

また、悪徳業者の中には、個人が申し込んだ場合でも連帯保証人をつけるように求めてくる場合があります。気軽に友達に対して保証人になってくれないかと頼んでしまう人もいるようですが、保証人という制度の恐ろしさについては十分に理解しておきましょう。

保証人の欄にサインをしてしまった場合、仮にお金を借りた本人が返せない状態になってしまった場合、その人に変わってお金を返すことを約束したということになります。

絶対に迷惑はかけないから名前だけ貸すつもりでサインしてほしいと言われたとしても、非常にリスクが高いということだけは理解しておかなければなりません。

また、保証人であれば借りた本人から先に取り立てるように言うことができますが、連帯保証人であった場合は先に連帯保証人に請求をしても構わないということになっています。

このページの先頭へ